<< 食とこだわり | main | 今日このごろ >>
愛の星
地球の意思は、何であるかというと、地球を愛の世界にすることです。当然ながら、そこに存在するものは、すべて愛に溢れている訳です。

 

生き物の中には、子孫を残して死んでいく生物がたくさんいます。それは、未来に何かを受け継がせるためです。生物の存在の目的が、子孫を残すこと・・・遺伝子または、魂の霊格を未来へつなぐことであることが分かります。

 

そして、人が、子孫を残してもまだ生き続けるのは、その霊性を上げるため、子供が立派な大人になるまで愛を与え続ける必要があるからです。たとえ、子供がいなくても、人はまわりの誰かに、愛を与えています。このようにして、人の愛は、地球上に少しづつ増えていくのです。

 

遠い遠い未来、地球が愛の星となるために、地球は着々と計画を進めています。つまり、愛に溢れる存在を未来に残すのです。これが、今、この世の中に起こっている様々な事象の大きな流れです。良いことも、悪いことも含めて・・・

古代ユダヤの「YAP遺伝子が、神に守られる・・・」という神話は、それを物語っています。筑波大学名誉教授、遺伝子工学の第一人者である村上和雄氏は、このYAP遺伝子を愛の遺伝子と呼んでいます。自分を犠牲にしてまでも、人に愛を尽くすのです。YAP遺伝子というのは、パレスチナ、チベット、日本民族に存在する世界的に見ても極まれな遺伝子なのです。

 

私たち人間が、日々精進し、この毎日を生き抜いているのは、遠い将来、どこかの時代、愛の星、地球に生まれ変われるように、魂の霊格を上げているのです。なぜならば、将来の地球は、今よりもずっと霊格が上がっているからです。そこに存在するには、それ相応の霊格がなければいけません。

 

もしかしたら、悪名高いあの組織のあの計画も、大きな意味では、地球の愛計画の一部と言えるのかもしれません。もちろん、誰がどのようなことをしようと、良い悪いではなく、最後の最後には、愛の存在が愛の星、地球に残るのです。私たちが生きている今を、そうした視点で眺めてみると、自分自身、そして世の中の見え方が少し違ってくるのかもしれません。

| 今日このごろ | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする