<< 風に吹かれて(15) | main | 食とこだわり >>
風に吹かれて(16)



見ているものは、実はない。

感じるものが、実はある。

自分がしている事なんか、なんにもない。

何かが自分を通して、愛を表現している。

 

この世の中は、幻想にすぎない。

悩みも憧れも、本当はない。

だから、

なんにも気にせず、のびのびと、

思った通りに生きていこう。

 

街も人も、本当は存在しない。

まわりのものは、何もない。

だから、

せっかく、こんなにすばらしい夢を見ているのだから、

大好きな人を大切にしよう。

ただ、存在している事がうれしいから、

自分の人生を表現しよう。

 

あしたのことは、わからない。

だから、

今を大切に生きていこう。

それが、幸せになる秘訣だから・・・

 


誰の心も、本当の事を知っている。

ただ、その心を感じればいい・・・

すべての常識や観念を捨て去って、

心のくもりをふきとると、

世界の真実が見える。

 

本当の事は、すぐそばにある。

思い通りの人生も、すぐそばにある。

ただ、その事に気づけばいい・・・

素直な本当の気持ちが、そこに連れていってくれるから・・・

嫌な事は、やらないほうがいい。

好きな事だけすればいい。

心が感じる理由は、いつも必然だから・・・

 

どうせそのうち、終わってしまうこの夢の中で、

立ち止まっている時間はない。

ボーッとしている暇はない。

早く、自分の夢を始めよう。

すべての人に存在している理由があるから、

早く、生きている意味を見つけよう。

 

人生の花が咲くとき、

流した涙も、悩んだ心も、

すべての苦労がむくわれる。

すべての日々の意味を知る。



                      おわり

 

| 風に吹かれて | 19:06 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする