<< 風に吹かれて(13) | main | 風に吹かれて(14) >>
永遠と一瞬・・アセンション(4)
愛とはなにかと言うと、大いなる何かが作り出している事象の全てという事になります。

家族のやさしさも、友人からの思いやりも、このいとおしき日常生活も・・

原発事故も、ISISも、わたしたちの日常に起こる様々な問題も・・

 

それらの事象に憎しみや怒りや悩みではなく、感謝の心が生まれるとき、実は、その問題というのは解決しているのです。周りから見ると、何ら変わりなく思えるその問題も、当事者にとっては、心の中でもう解決している問題と言えるのです。世の中に起こる全ての事象の裏側には、その人にしか解らないとても大きな意味が存在しています。問題の裏側に潜む本質に気づくとき、心を悩ませたその問題にさえ、感謝せざるを得ないいとおしさを感じるものです。すべては、自分自身の魂の覚醒のため・・・周りに見えているすべてのものは、有るようで実は、実体には意味のないもの。自分自身の心を気づかせるための、大いなる何かが仕組んだ巧妙な仕掛け、作りものであったという事がわかります。

| 永遠と一瞬 | 17:46 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする