<< 風に吹かれて(11) | main | 永遠と一瞬・・アセンション(3) >>
風に吹かれて(12)
 


自分の心をあとにして、

求める誰かに出来るかぎりの愛をそそぐ。

ただ、それだけでいい。

 

空に舞う一枚の葉っぱのように、

風に吹かれて宙をただよっている。

そんなふうに生きていたい。

 

時々、自分の思いが邪魔をするから、

いつも、心を空っぽでいたい。

人の心がいとおしいから、

そんな心をささえたい。

人の思いが伝わるから、

そんな願いをかなえたい。

いつか、そんなものになりたい。

 

そして、いつの日か、

ただひとり、愛する誰かに、

この心を尽くして生きていたい。

| 風に吹かれて | 12:56 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする