<< 風に吹かれて(9) | main | 風に吹かれて(10) >>
永遠と一瞬・・アセンション

私たち人間というのは、なぜ今という時間しか生きられないのでしょうか?

意識を今一瞬に集中して、今という時間を感じでみると、やっぱりいつまでたっても今一瞬を生きているのです。過去の出来事というのは、すでに自分の記憶の中の産物です。そして未来というのはまだ存在していない想像上の世界なのです。ですから、この世界に存在する唯一の物は、今この一瞬の世界だけということになります。一秒一秒こくこくと過去になっていく今一瞬、1分前の世界はもう自分の記憶の中の存在でしかありません。つまり、過去というのはもう、この世界には存在していないものなのです。

 

それでは今一瞬とはどういうものなのでしょうか?

「今」と言った瞬間、既に今は過去になり、今一瞬には存在していません。厳密に言うと、今というものが本当に存在するのかどうかさえ疑わしいのです。つまり、今とは時間のないもの、一瞬とは言わば、長さのない点のようなもの、時間も空間もない5次元の世界なのです。

 

時間も空間も超える存在である今一瞬というもの・・・

そして、他方で時間も空間も存在しない永遠というもの。つまり、一瞬と永遠は同じものであったということが解ります。私たちが一般的に理解していた一瞬の対極である永遠というものは、実はこれらが同じものであった訳なのです。私たちが生きているこの世の中、現実世界・・・私たちは、どこにいるかというと、実は永遠と一瞬が同時に存在し、時間も空間も超越した5次元の世界に生きているということになります。実は、私たちが感覚で感じ生きているこの3次元の世界に重なって、5次元の世界が存在しているのです。私たちは、知らず知らずのうちに、一般的に認識しているこの3次元の世界と5次元の両方の世界を生きているのです。そして、3次元というのは5次元の一部分であります。多くの人たちは、意識の大部分をこの3次元の世界にだけ向けて生きています。ですから、感覚は、この世の中を3次元の世界であると認識する訳です。しかし、この現実世界に重なって、5次元の世界が存在しているのも事実であります。私たちの意識が、3次元の殻を飛び出して、5次元を意識する時、私たちの肉体と意識は、5次元の世界に存在すると言えるのです。

 

5次元とは愛の世界です。苦しみや悩みのない楽園のような世界。そのような世界が、遠い地の果てや宇宙の果てに存在しているのではなく、実は、今現在、ここに存在しています。5次元を生きるには、戦争や苦しみが渦巻くこの3次元の世界ではなく、愛の世界へ意識を向ければよいのです。それが、魂の覚醒、アセンションというものです。

 

| 永遠と一瞬 | 21:25 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする