<< 風に吹かれて(6) | main | 風に吹かれて(8) >>
風に吹かれて(7)



この日常がすべてである。

むつかしい本も、学歴も知識も、あの世も、宇宙人も、

この当たり前の生活以外、何が必要か?

新しい自分への扉は、ここにある。

 

なぜ、心が大切かというと、

新しい世界への扉は、目にみえない。

心で感じるしかない。

 

自分の事を後にすると、見えるものがある。

すべての出来事を受け入れてみると、見えるものがある。

世の中にあるものは、すべて必然だから・・・

すべてが、メッセージだから・・・

 

自分の心はわかっている。

自分の心は感じている。

毎日、心の階段を少しづつ上がっている人と、

ただ、なんとなく日々を過ごしている人では、

知らないうちに、全くちがう所へ行ってしまう。


 

| 風に吹かれて | 05:42 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする