<< 遷宮 | main | 愛と神(1) >>
愛と神(まえがき)

日本人というのは、まぎれもなく、古代イスラエルを追われたユダヤ民族の末裔です。
愛の遺伝子を宿した、世界でも稀な少数の人たち・・・古代ユダヤ人は、神との契約により、長い歴史の中で、時の支配者によって常に貶められながらも、神に守られてきました。

そして、現代という時代も、まさに、世界の支配者が一層の支配を進めていくこれからの時代。
我々は、どう生き、日々を過ごしていけばよいのでしょうか?

日本民族と言うのは、心の奥で愛と神を知っている人たちです。
「日本の夜明け」で述べた、愛とは何か?神と何か?
「愛と神」の中で、記述しようと思います。

| 愛と神 | 00:01 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする