<< 日本の夜明け(21)おわり | main | 愛と神(まえがき) >>
遷宮

今年は、史上はじめて、出雲大社と伊勢神宮の遷宮がいっしょに執り行われます。
日本には、古来より出雲系、天照系と呼ばれる2種類の神様が存在してきました。それが、今年、初めて統合させるらしいのです。

熱田神宮から、御神宝の三種の神器のひとつ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)が、奈良時代からずっと封印されてきた、かつての伊勢神宮の本宮であった伊雑宮に移管されるそうです。公表されるかどうかは別にして、かつて三社であった伊勢神宮が本来の姿に戻るということでしょうか。

熱田神宮の参道には、御神宝が移管される趣旨の看板がでているようです。

さて、次回より、「日本の夜明け」の続編ともいえる、「愛と神」を掲載します。
毎週、月曜日掲載予定です。

| 新着 | 21:10 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
有り難う御座います。

泣けてきます…

人に上手く説明出来ない事ですが、

幼少の頃からの疑問が解けた気がします。

思いを内に、態度で地道に自分を強制していきます。

恥ずべき行いの過去は消えません。

今からでも祈りの尊さを学んで行きます。

記憶を辿れる事を信じて。

本当に有り難う御座います。

本当に感謝しています。
| 須田 拓也 | 2013/05/25 7:06 AM |
詳しい事情はわかりませんが、
感じていただけてとてもうれしいです。
ことらこそ、ありがとうございます。
| 竹まつ | 2013/05/28 7:41 PM |
コメントする