<< 人生マクロビオティック(3) | main | 人生マクロビオティック(5) >>
人生マクロビオティック(4)
玄米(2)

稲からもみ殻をとったものが玄米。表面の薄皮を機械で精米していくとだんだんと白米に近づいていく。薄皮を七割とったのが七分づき米。うちのお弁当の玄米は、無農薬有裁栽培の玄米100%、雑穀米は七分づき米に五種類の雑穀を加えている。七分づき米は、白米に比べれば食物繊維も豊富で体によいが、先に述べた食べ物の生命カという点からすると、玄米と比べるまでもない。

「玄米は硬くて食べにくい」とよく聞くが、玄米の栽培方法や品質に問題があるのではないかと思う。精白していない玄米といえども、一般的に流通しているお米をそのまま玄米でたいても決して美味しくはならない。化学肥料で育ったお米では、旨みや甘みに絶対的な品質の差が出来るのだ。その点、完全に無農薬有機栽培で育ったお米はやわらかいのでそれほどの食べにくさも感じず、噛めば噛むほどにお米の美味しさがロの中に広がっていく。

玄米の効用を最大限に味わいたいのなら、約2週間、玄米と野菜の煮物、みそ汁などで一切の添加物、化学調味料(アミノ酸)を抜いて食事をしてみるとよい。血液がきれいになるので、体調や心境の変化を身をもって感じられることが多い。もっとてっとりばやく・・・という人には、七号食というのがある。玄米と胡麻塩だけの食事を3、4日つづけてみると明らかな体調の変化を感じられることが多い。玄米は一口100回必ず噛むこと。なにしろ、玄米を食べているといろんな事が変わる。いろんな事がわかる。
人体は小宇宙であるとよく言われる。そして、生命のやどる一粒の玄米もまた宇宙・・・精白されないそのまんまの玄米が、自分自身の体をつくるとき、己自身に本来のカ強い生命カがやどり、真に健康な体と卓越された世界観・宇宙観が心の内にやどるのだ。
| 人生マクロビオティック | 13:34 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする