愛の星
地球の意思は、何であるかというと、地球を愛の世界にすることです。当然ながら、そこに存在するものは、すべて愛に溢れている訳です。

 

生き物の中には、子孫を残して死んでいく生物がたくさんいます。それは、未来に何かを受け継がせるためです。生物の存在の目的が、子孫を残すこと・・・遺伝子または、魂の霊格を未来へつなぐことであることが分かります。

 

そして、人が、子孫を残してもまだ生き続けるのは、その霊性を上げるため、子供が立派な大人になるまで愛を与え続ける必要があるからです。たとえ、子供がいなくても、人はまわりの誰かに、愛を与えています。このようにして、人の愛は、地球上に少しづつ増えていくのです。

 

遠い遠い未来、地球が愛の星となるために、地球は着々と計画を進めています。つまり、愛に溢れる存在を未来に残すのです。これが、今、この世の中に起こっている様々な事象の大きな流れです。良いことも、悪いことも含めて・・・

古代ユダヤの「YAP遺伝子が、神に守られる・・・」という神話は、それを物語っています。筑波大学名誉教授、遺伝子工学の第一人者である村上和雄氏は、このYAP遺伝子を愛の遺伝子と呼んでいます。自分を犠牲にしてまでも、人に愛を尽くすのです。YAP遺伝子というのは、パレスチナ、チベット、日本民族に存在する世界的に見ても極まれな遺伝子なのです。

 

私たち人間が、日々精進し、この毎日を生き抜いているのは、遠い将来、どこかの時代、愛の星、地球に生まれ変われるように、魂の霊格を上げているのです。なぜならば、将来の地球は、今よりもずっと霊格が上がっているからです。そこに存在するには、それ相応の霊格がなければいけません。

 

もしかしたら、悪名高いあの組織のあの計画も、大きな意味では、地球の愛計画の一部と言えるのかもしれません。もちろん、誰がどのようなことをしようと、良い悪いではなく、最後の最後には、愛の存在が愛の星、地球に残るのです。私たちが生きている今を、そうした視点で眺めてみると、自分自身、そして世の中の見え方が少し違ってくるのかもしれません。

| 今日このごろ | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
食とこだわり

オーガニック、自然食というと、世間ではよくこだわりと言われます。こだわりの醤油、こだわりの調味料、無農薬の有機野菜・・しかし、本当はこだわりがないのです。

 

世の中の人々は、一般的に醤油はキッコーマン、野菜はスーパーマーケット、砂糖は白砂糖と、迷うことなく、食べ物の選択にこだわっています。しかし、食事のこと、健康のことをごく常識的に考えたとき、普通の醤油は何なのか?調味料は何なのか?を考えることは、こだわりでも何でもなく、ただ当たり前のことなのではないでしょうか?現代は、「安い方が素晴らしい、お金が貯まる方が偉い」という現代社会の価値観が世の中に蔓延しています。しかしながら、これらの価値観は、現代資本主義において、意図的に作り出されたものであるということを理解している人はほとんどいません。「現代社会のつくられた常識にこだわって生きる」・・・これこそが、何よりも一番のこだわりなのではないかと思うのです。

 

世の中の操作された価値観にこだわっていないからこそ、自分の思うまま、あたりまえの食生活を指向するのです。つまり、心が自由なのです。農家というのは、自家消費用に農薬を使わない野菜を作っているといいます。農薬が体に悪いということを体験的に十分知っているからです。化学調味料は神経毒ですし、食品添加物は長年の間に体内に蓄積し、アトピーやアレルギーの原因となり、人体の健康に重大な悪影響を及ぼします。このようなことをわかっていながら、現代のような食生活を続けるというのは、常識的に考えて、この上なく何かにこだわっているという以外ないのではないでしょうか?つまり、現代人というのは、一般常識にこだわり抜いて生きているということが分かります。しかしながら、一般常識というのが、一部の人たちにとって都合が良いように操作され、つくりだされた歪んだ価値観であるということを現代人は理解するべきなのです。

 

そんな身体に悪いものを国が認めるわけがない、食べてもなんともない、と思うかもしれません。しかし、政治というのは企業で成り立っているのです。それが資本主義の常識です。企業の都合の良いように、政治は常におこなわれてきました。「国民が知らないならもう少しこのままにしておこう・・」と考えるのが人間の一般的な思考ではないでしょうか。政治というのは心の良心ではなく、誰かの意向によっておこなわれているものなのです。原子力発電とまったく同じことが、今も食品業界でおこなわれている訳です。いつか将来、食べ物の裏側が大々的に暴かれるときがやってくるのかもしれません。しかしながら、その時責任をとる人は誰もいないということは明らかです。知らなかったことで損をするのは、いつも一般市民です。

 

癌の原因は、何十年も前に究明され、素晴らしい治療法が確立されています。電力においても、革新的なフリーエネルギーが発見され、一部では販売もされています。しかしながら、このような現代の産業構造を革新的に作り変えてしまうような素晴らしい発見というのは、常に業界から妨害され、闇に葬られ続けているのが現実なのです。ですから、私たち一般市民が、本当のことを知るというのは、現代社会において非常に難しくなっています。

 

古来より日本人が食してきたものを食べることは、こだわりではなく、あたりまえです。そんなことさえ、わからなくなってしまった現代人の常識とは、一体何なのか・・・私たちは、そろそろそのことに気づく時期にあると思います。

 

| 今日このごろ | 21:06 | comments(0) | - | pookmark |
祈り

日本と言うのは、ある組織によって支配されています。
誰がどうあがこうが、この支配は当分なくなりそうにありません・・・
時々の変革者は、そのことを知らずして、ことごとく潰されてきたのが事実です。

さて、私たちの日常において、何故かしら自分の思い通りになる・・・
いつも、奇跡のような良いことが起こる・・・といった人たちが沢山現れています。
宇宙と調和した生き方をしている人たちです。
祈らずして祈る・・・そんな生き方が、奇跡のような素敵な日々の出来事を創っているのです。

もはや、世界を変えることは、祈りによってしか実現しません。
まだまだ、とらえどころのない祈りというものが、世界を動かす最大の力なのです。
そうした人たちの祈りが、大きく世界の流れに影響を及ぼす時代になりました。
世界の未来は、私たちの手の中にあるといえるのです。

心を削いで、日々に精進。

| 今日このごろ | 18:33 | comments(0) | - | pookmark |
大切なもの
この世の中で一番大切なのは自分です。

人の為に生きるとか自分の事を後にして・・とよく言われますが、それは自分の大切さに気づくための手段でしかありません。世の中で一番大切なことは、自分の心や体や、感情を一番大事にすることなのです。

心の中のエゴが無くなった時、自分自身の存在が愛に変わり、世界を変える力として世の中を包むのです。自分が大切だからこそ、人は誠実にまっすぐに、正直に、誰かに優しく生きていかなければいけないのです。
| 今日このごろ | 08:10 | comments(0) | - | pookmark |
素晴らしい人
なぜ僕が、自分のことを素晴らしいとか好きとか言って、奥さんに笑われるかと言うと、基本的に人のする事、言う事は、ご先祖さまや守っていただいている人たちのおかげであると考えているからです。

自分のことを、情けない、良くない、出来が悪いなどと思うのは、なにをかくそう、ご先祖さまたちを悪く言っていることに他ならないからです。これだけいろいろと素晴らしいことをしていただいて、幸せにしてくれたその方々に申し訳ないと思うからです。

何か間違ったら、反省してすぐ改めるのが、その方々へのせめてもの感謝の気持ちと思うのです。
| 今日このごろ | 05:34 | comments(0) | - | pookmark |
肉体と意識

私たちの体は、何でできているかというと、肉体と意識体に分かれます。肉体とは、いわいる体です。人は死ぬと動かなくなりますが、肉体は、すぐになくなることはありません。 つまり、意識体が、肉体を動かしていることが分かります。

 

以前ブログで、自分と他者の違いが世界最大の謎であると書いたことがありますが、肉体というのはただの物質ですから、誰の体もそう違いがないわけです。つまり、そこに意識体が入る事によって、他者と自分との区別が生まれるのです。

 

肉体と意識体はいつも同じ場所に存在しています。肉体と意識体は、いつも重なって存在しているのです。肉体が動いても、意識体が離れることなくそれに着いて動くので、自分という認識が生まれてくるのです。意識体というものが、何かによって、肉体に留まっているわけです。もし、それが外れたらどうなるのでしょうか?それが、幽体離脱とか、死ぬということに他なりません。普段、私たちは、肉体と意識体が別々のもので、しかも同時存在しているということになかなか気づく機会がないわけです。

 

つまり、自分と他者の違いというのは、意識体がどこに存在しているのかということだったのです。もし、自分の意識体が、他の誰かの体に存在することが出来たとしたら、他の誰かは自分になってしまうのです。二重人格、霊に取りつかれる、守護霊などは、そういった現象です。

 

以前、友人と話をしていたら、意識がひとつになってしまってびっくりしたことがありました。足の先から見えない体が相手の方につながっていて、向こうにも自分がいるのです。自分が自分を見ているのですから、何ともおそろしく感じたものでした。幽霊を見て、ゾッとするのは、こういう事なのかと妙に納得してしまいました。

 

| 今日このごろ | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
美味しさと健康

美味しさと健康、みなさんは、どちらが大切だと思いますか?
美味しさは、グルメなイメージがあるので、大切なのは健康と思われるかもしれません。また、美味しいものと健康なものは、相反するイメージがあるかもしれません。

答えは、美味しさです。

物事というのは、行為でも言葉でも、相手に伝わって初めて効果をあらわします。
つまり、伝わらない行為や言葉というのは、無駄なものであって、意味がないのです。
時には、余計な誤解を招いたり、相手の心を閉ざしてしまったり、愛とは程遠いものになってしまいます。それらは、自分のエゴということです。つまり、相手の事を思って発した言葉や行為も、伝わらなければ、エゴになってしまうのです。

それでは、食べ物が、体に伝わるとはどういうことでしょうか?
栄養になる。元気になる。美味しく感じる。
一番大切な事柄は、美味しく感じることです。
しかも、舌先や頭で感じるのではなく、体全体が美味しさを感じて、しばし恍惚となるくらいの美味しさです。これが、人の体にとって、一番重要なことです。食べ物が、生命体としてのエネルギーに影響する瞬間です。

世の中には、健康な食事でも美味しく感じないものが少なくありません。
舌先でなく、体が美味しく感じない健康な食べ物と言うのは、意味がないのです。
つまり、食べ物と言うのは、体が最高に美味しいと感じてこそ意味があるのです。
食べ物が、愛に変わって、生命エネルギーに良い影響を及ぼす瞬間です。

| 今日このごろ | 18:55 | comments(0) | - | pookmark |
世界の謎
僕は、キリスト教や神道を信じているわけではありません。

しかし、人としての存在の中に、唯一無二、宇宙最大の秘密、世界の謎を解く鍵があると信じているのです。
古事記のイザナギノミコト ・イザナミノミコト、そして聖書のアダムとイブの先をたどれば、きっと宇宙を作っている根源の何かにたどりつけるはずなのです。

つまり、パートナーとの深く激しく濃密な関係の先にこそ、大宇宙の秘密が隠されているのです。
| 今日このごろ | 04:09 | comments(0) | - | pookmark |
お客さん

子供は、自分の所有物ではありません。

自分以外のものは、すべてお客さまです。
ですから、そのように丁寧に扱わなければいけません。
言葉づかいは、もちろん丁寧語です。
奥さんや旦那さんも、当然お客さまです。

ああしてほしい、こうしてほしいという期待が、自分をイライラさせ、相手の気分を悪くさせるのです。

人として正しいのは、期待していないのに、自分の思ったようになることなのです。

それが、祈りです。


| 今日このごろ | 20:03 | comments(0) | - | pookmark |
温泉旅館

僕は、温泉が大好きです。源泉かけ流しに本格京懐石、昭和の鄙びた造りを随所に残す、レトロモダンな宿のたたずまい、そんな温泉情緒がたまりません。なんて、いつも言っていますが・・・

 

昔、ガイドヘルパーをしていた頃、温泉好きな子供を、毎週日帰り温泉に連れて行っていたので、関西の温泉にはとても詳しくなりました。それで、温泉の泉質にはかなりうるさいのです。

近年は、旅行好きな叔母のお陰で、自分たちでは行けないような、素敵な温泉宿に、たくさん連れて行ってもらっています。

 

そこで、何処へ行ったかも忘れてしまうほどの温泉宿の中で、1番好きな宿はどこかな〜と、ランキングしてみることにしました。

 

3位は、北陸、山代温泉の白銀屋。北大路魯山人ご用達の老舗宿。「魯山人クラシック福の間」というワビサビの趣がたまらない、最高のお部屋でした。

2位は、淡路島のホテルアナガ。鳴門海峡大橋が一望できる絶景のリゾートホテルで、レストラン「ガドー・ドゥ・ラ・メール」は、わざわざ神戸から食事に訪れるお客さんがいるほど有名なフレンチレストランです。
そして1位は、先日、連れて行ってもらった下呂温泉の湯之島館。昭和初期に建てられた丹羽英二氏の有名建築で、登録有形文化財に指定されています。迷路のような館内は、随所にクラシックなタイルやレトロモダンな建具が配され、アンティーク好きにはたまらない温泉旅館です。

 

「白銀屋て、源泉かけ流しと違うやん。料理は全くやし、おまけに星野リゾートが買収した企業旅館。アナガは、だいたい温泉と違うし、大浴場さえないから。 湯之島館の泉質もたいしたことないし、料理は普通。あそこは、あんたの1番嫌いな大型観光旅館やから。」

 

嫁の指摘はごもっとも・・・その通りなのです。僕の宿へのこだわりは、源泉かけ流しのおふろでもないし、料理の素晴しさでもない。なんと、アナガのように温泉がなくてもよかったのです。我ながら、驚いてしまった一件でした。

 

言うてる事と思ってる事が、全然違う・・・。きっと他でも、言うてる事と思ってる事は、随分違うのだろうな〜。そんなことに気がついた今日この頃でした。

 
| 今日このごろ | 15:41 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>